伊豆大島ダイビングセンター

キャンペーン情報!
当店では、お客様のニーズにお応えするために、随時以下の様なキャンペーンを企画しています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
IDCオリジナルTシャツ
Tシャツイメージ
IDCオリジナルTシャツ
販売中!!

IDCオリジナルTシャツ
発売中!!
なんと!¥1800
(税込)!!
カラーは3色。サイズは4つ、S・M・L・XL
人気のドライ素材なので速乾性に優れています
ダイビングにはピッタリの
Tシャツです。
是非、ご購入下さい。
IDCはPADIリゾートセンターです。
PADIイメージ
関連サイト
twitter

オトメガサとリュウキュウオトメガサ

2013年4月2日

LINEで送る

久しぶりに「裏」の更新です。
最近、表も裏も区別が付かない感じになってきたので
これが「裏」だ!!っていう内容をアップしておきます。

大島の浅場の石の下にオトメガサという貝がいます。
スカシガイ科の仲間になります。
真っ黒い軟体部の下に純白の貝殻を持っています。
どんな貝かというとこんなのです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これが、ずっとTHEオトメガサだと思っていました。
しかし、写真からは分りませんが貝その物の形がオトメガサに比べ細長いんです。
これは、リュウキュウオトメガサという貝の貝殻になります。
という事は、これがリュウキュウオトメガサなるのか?と疑問が生まれたのはもうかなり昔の話・・・
その貝殻はこんなです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
かなり細長いです。

しかし、先日こんな奴を発見しました。
IMG_6768
上の軟体部が黒い個体は水深5mから浅い所に殆どが生息していますが
この軟体部に少し模様が入る個体は、水深20mよりも深い所で姿をみます。

20m位の水深で拾った貝はこんな形です。
IMG_6899
上の写真と比べるとズングリとしています。
図鑑で見る限り、これがオトメガサの貝殻に似ています

図鑑によるとリュウキュウオトメガサはTHEオトメガサの地方型の可能性もあると書いてあります。
同種が同じ場所に居る事に疑問も覚えます。
私が作っている貝のHPでは、今後2種に分けようと思っていますが
師匠曰く、同種だろうという事です。
実は私もそう思っています。
こりゃ~DNA鑑定しかないですね~師匠!!よろしくお願いします。

LINEで送る

コメントを書く