伊豆大島ダイビングセンター

キャンペーン情報!
当店では、お客様のニーズにお応えするために、随時以下の様なキャンペーンを企画しています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
IDCオリジナルTシャツ
Tシャツイメージ
IDCオリジナルTシャツ
販売中!!

IDCオリジナルTシャツ
発売中!!
なんと!¥1800
(税込)!!
カラーは3色。サイズは4つ、S・M・L・XL
人気のドライ素材なので速乾性に優れています
ダイビングにはピッタリの
Tシャツです。
是非、ご購入下さい。
IDCはPADIリゾートセンターです。
PADIイメージ
関連サイト
twitter

3ポイント行ってきました~

2021年3月7日

ポイント:王の浜・秋の浜・野田浜 水温:17~18℃ 透明度:12~15m

今日はくもりで気温が下がり、ひんやりとした一日になりました

1本目は王の浜へ
浅場はサージで少し揺られました
そんな中でもコケギンポの仲間たちを撮影

なぜか、アライソコケギンポが穴から出て、全身が見れる状態でいました
お引越しの途中だったのかな?

浅場を抜けると目の前にウミガメが5匹も登場!
それぞれ、別の方向へ泳ぎ去っていきました

息継ぎをするために水面に向かったウミガメには追い付けたので、下から1枚パシャッ!
1ダイブで合計10匹以上のウミガメに出会えました~

他にもサザナミヤッコやユウゼン、ヤリカタギ等の越冬組が見れました

このまま大きくなって、成魚とかも見れちゃうのかな~

2本目は秋の浜へ

右の掛下りと砂地の境目を進んで行くとハナゴイカシワハナダイフタイロハナゴイなどが見れました

鰭を立てたところもしっかり撮りたい!
狙ってるとなかなか立ててくれないんですよね~ あるあるですね

キンスジケボリは前回と同じクダヤギについていました

今日はちょっと撮りずらい位置にいたので、撮れる位置にカメラを動かしているとクダヤギのポリプが閉じちゃいました
残念!

段落ちではオルトマンワラエビやタテジマキンチャクダイ、黒いハダカハオコゼを撮影

この子も登場してから長い間観察できています
見つからないな~って思うときは石の隙間に入っていることが多いですね

本日最後のダイブは野田浜で

アーチに行くとツバメウオの群れがお出迎え♪

今日は21匹集まっていました
他にも大きなイシガキフグやネズミフグ、ウスバハギなどもいました

アーチから離れて砂地沿いを流されている間ではミカドウミウシタカノハダイの密集地、テングダイを撮影

大島の西側ポイントでは定番の生き物ですね

帰りは途中で、小さめツマジロオコゼを発見!

普段は海藻や落ち葉の溜まっている場所に隠れている生き物ですが、この子は周りに小石しかない場所で堂々としていました!

明日は体験ダイビングにも行ってきます
北風が強めだから西側のポイントになりそうです

可愛いセイテンビラメ~

2021年3月6日

ポイント:秋の浜 水温:16~17℃ 透明度:15m

今日は朝から雨の一日になりました
海は、少し波はありましたが、全く問題なく潜れます
今日は1本だけガイドで行ってきました~

ENすると、すぐにこんな奴を発見

これ、ニライカサゴの成魚かな~と思っています
次も見たらちゃんと調べます

沖に出て行くと、今日もこのカイカムリの仲間が付いていました

以前、ツノカイカムリかも?って書いたのですが
触覚も長くないですし、これは違うかもです。。。
難しい・・・

カンナツノザヤウミウシも近くで見られました~

そして、4㎝程のセイテンビラメを発見

この位小さいと第1棘が凄く長いんですよね~

浅場へ戻って行くと、極小テントウウミウシが見られました

定番のハナタツも確認です

その後は黒いオオモンカエルアンコウを見て段落ちへ

段落ちでは、クロスジウミウシニセモチノウオ
そして、怪我しているキンギョハナダイを発見

この怪我今後どう直っていくのか興味ありますね~
観察してみます

段の上では、赤っぽいトウシマコケギンポ等を見てEXしました~

明日は北東の風が少し強く吹きそうです
これは西側ですかね~

カエルアンコウモドキ登場

2021年3月5日

ポイント:秋の浜 水温:16~17℃ 透明度:15m

今日は朝から雨が降ったり止んだりの一日です
海は少しウネリが残っていました

今日は右に行ってきました
掛け下りに出るとハナゴイが複数個体見られました
中には結構、大きくなってる個体も見られました

進んで行くとコガネキュウセンの成魚が同じ場所で見られました

フタイロハナゴイの雄も元気にしてます

背鰭の棘も伸びて、立派な個体です

戻って行くと、キンスジケボリを発見

久しぶりに見ました~

そして、白いオオモンカエルアンコウが登場です

以前、地元ガイドの方から居たという話を聞いていたのと同じ個体だと思います
こんな所に移動したんですね~

今日も流れがかかっており、帰りは潮に乗ってあっという間に際へ出てしまいました
なので、黒い方のオオモンカエルアンコウを確認です

その後は、段落ちへ
タテジマキンチャクダイハダカハオコゼ
そして、石を捲るとカエルアンコウモドキが出てきました~

エスカが無いのに、イリシウムだけで本当にどうやって餌を取っているんですかね~
って、最近本当にあちこちでカエルアンコウモドキが出てきます
ベニカエルアンコウは殆ど見られなくなってしまったというのに・・・

その後はそのままEXしました~

明日も少し北東の風が吹きそうです
北東がこう続くと、ちょっと春も近いかな?って感じますね~

ツノザヤウミウシ集合~♪

2021年3月4日

ポイント:秋の浜 水温:17℃ 透明度:15m

今日は朝から良いお天気です
風も落ち着いてくれました
昨日はちょっと海をお休みしてしまいましたが、今日は1本行ってきました~

ENすると、何だかめちゃくちゃに流れていました
左に凄く流れていたので、右から流してみました
砂地を降りて行くと、カンナツノザヤウミウシを発見

移動してシリウスベニハゼ

最近、私が行くと1匹しか出ていません
2個体居たんですけどね~

砂地を正面に流して行くと、ヤシャハゼが顔だけ出していました
でも、すぐに隠れてしまいました。。。
でも、この時期に顔だけでも出すんですから、やっぱり水温高いんですね~

浅場へ移動して行くと、ツノザヤウミウシを発見
なんと3個体も集まっていました

ツノザヤウミウシ増えてますね~

その後は段落ちへ
段落ちでは、今日はアゴハタが全身出て居てくれました

段々、慣れてきたようですね

そして、再びこのカイカムリを撮影です

見れば見るほどユキンコに似ている
これはちゃんと調べないとですね!

その後は、そのままEXしました

数日暖かい日が続きそうですが
また、寒くなる予報も・・・体調に気を付けないとですね~

今日も定位置クマドリカエルアンコウ

2021年3月2日

ポイント:秋の浜 水温:17℃ 透明度:15m

今日は風の強い一日になりました
もっと雨が降るかと思ったのですが、思ったよりも降らずにすみました

今日も1本だけガイドへ
アサヒの根に行ってみました
根に向かうとアカオニナマコにナマコマルガザミが2個体ついていました~

根に入るとテヌウニシキウミウシが付いていました
そして、クマドリカエルアンコウも定位置で見られました

ちょっと流れがかかってきたので早々に引き返す事にしました
戻って行くと、片腕のウデフリツノザヤウミが見られました

トラフケボリを見て上がって行くと、暫く姿の見られなかったテントウウミウシが戻っていました

どこに居たんですかね~?

その後は段落ちへ
段落ちでは今日もアゴハタが見られました

そして、貝の師匠の置き土産を撮影

ムギツブダカラです
タカラガイっぽい名前ですが、ウミウサギガイの仲間なんです
大島ではかなり珍しい貝です

その後はそのままEXしました~

明日はゲストもなく、しかも北東の風で海は荒れそうです・・・
これは、ログの更新がないかもしれません。。。

サザナミフグ今日も居ました~

2021年3月1日

ポイント:秋の浜 水温:17℃ 透明度:15m

今日は暖かい一日になりました
海もとても静かでした~

今日は1本だけガイドで行ってきました
際に向かうと今日はすぐにハナタツが目に入りました

見つからない時は本当に目に入らないのに不思議ですね~

オオモンカエルアンコウも定位置で見られています
一気にビシャモンエビ

今日も複数個体ついていました

砂地に出てるとカスザメを発見
そのまま、このエビまで行ってみました~

ラピポントニア・パラガネーレです

そのまま移動して行くとサザナミフグが登場

可愛いですね~

ハダカハオコゼを見て段落ちへ
段落ちでは、今日もアゴハタが見られました~

段々、表に出てくる様になってきましたね~

そして、こんなヤドカリを撮影

ベニヤカタに入るクロシマホンヤドカリです
宿は綺麗なのに、本体が地味です・・・
これに小さなフルセゼブラヤドカリとか入れば綺麗なのにな~

その後はそのままEXしました

明日は南の風が強く吹きそうです
暖かくなるそうですが、雨予報なんですよね~
中々良い条件揃いませんね~

チンアナゴ、顔出していました~

2021年2月28日

ポイント:秋の浜・王の浜 水温:16℃ 透明度:15m

今日は気温も上がり良いお天気になりました
海は一夜にして驚くほど静かになりました

1本目は、秋の浜へ
際向かうと、オオモンカエルアンコウが同じ場所に付いていました~
そして、チンアナゴ

2月にチンアナゴが出てるんですから驚きですね~

そして、ハチジョウタツを確認です
壁沿いでは、越冬しそうな季節来遊漁を中心に見てみました
今となっては普通ですが、セナキルリスズメダイフタイロハナゴイカシワハナダイ
ま~、昔ならこんな時期には見られない魚達を撮影してもらいました~

ヨスジフエダイを見て、アオハナテンジクダイアオスジテンジクダイが集まっている場所へ~

なんでここにみんな集まっているんですかね~

そして、段落ちへ
段落ちでは、ハナタツが定位置で見られました~

段の上では、赤いトウシマコケギンポを見て梯子に向かいました~
もうタカベの子供達が群れ始めています
春が近づいてますね~

2本目は王の浜へ
ここでも勿論、季節来遊漁狙いです

これも今では普通の光景になっていますが、キホシスズメダイの群れを撮影してもらいました
以前はこんなに大きな群れを作る程数がいませんでしたからね~

アマミスズメダイの大人を見て、成長したサザナミヤッコ

今年は立派な成魚になって欲しいですね~

ヤリカタギを見て狙いのベラ達へ行ってみました
まずは大きくなったツユベラを確認です
そして、ノドグロベラも立派な雄になっています

メガネゴンベを見て戻って行くと、トカラベラの成魚(雌)も見られました
カンムリベラも立派な雌になっていました
そして、ハタタテサンカクハゼがまだ見られました~

他にはネコザメやカメ等を見て湾内へ
湾内ではアカニジベラの雄を発見!
アカニジベラ自体珍しいのに、いきなり雄とは・・・

その後は、そのままEXしました~

明日は今日より静かで温かくなりそうです
良かったですね~♪

北東の風が強い!

2021年2月27日

ポイント:野田浜・王の浜 透明度:10~15m 水温:17~18℃

今日は北東の風が強く秋の浜は大荒れ!
他のポイントも中は揺られる状態でした

午前中は野田浜へ
海中は砂が舞って透明度が落ちていました

イシガキフグやコブダイを見ながらアーチに向かうと、今回もツバメウオがお出迎え!

前回より小さいな~っと思って近づいて見てみると
どうやら、新しく若い個体の群れが来たようです
沖の砂地には前から居る大きめの個体が数匹泳いでいました

いつもタカノハダイがたくさん居る岩にはテングダイもいました
他にもカザリイソギンチャクエビネッタイミノカサゴを撮影

その後、浅場はサージが強かったので早めにEX

午後は王の浜でカメ狙い
沖の根の上で休んでいるアオウミガメに出会えました~

ゲストの方がかなり近くで撮影していましたが、逃げずにいっぱい撮らせてくれる良い子でした!

テーブルサンゴには越冬したメガネゴンべやヤリカタギが隠れています

こちらも越冬したキンチャクダイの仲間たち
タテジマキンチャクダイ

サザナミヤッコ

タテジマキンチャクダイの成魚は極稀に出ますが、今年はサザナミヤッコの成魚も見れちゃうかもしれませんね

岩場でハナビラミノウミウシを撮影

最近はいろんなウミウシが増えてきたので、他にも綺麗なウミウシが見つかるかも!

最後に湾内でコケギンポSPを見てEX

明日は風速が落ちる予報
今日よりは静かな海になりそうで良かった~

中層怖いですね~(笑)

2021年2月26日

ポイント:秋の浜 水温:17℃ 透明度:12m

今日は朝から曇り空です
途中から雨も降ってきました

1本目は、堀口カメラマンと一緒にマイワシの群れを狙って行ってみました
連日、その姿がないのですが果たして沖ならいるのかどうかを見に行ってみました

とにかく中層を移動して行きました
ギリギリ水底が見える範囲で移動していきます
う~ん、出て来ない
どこまで行ったかというと、根の上に見覚えのある大きな連続する岩が下に見えていたので
水底は約70m
左の砂地側に降りたら85mって感じですかね~
我々はその上の水深40mでホバリングです
流石に、ここで流れて来たらヤバいな~と思い、仕方なく戻ることに・・・
う~ん、ここまで来て群れが居ないなんて・・・

戻りながらも上を気にしつつ、ツノザヤウミウシを撮影

諦めきれず左の砂地の方にも行ったのですが全く群れはくる気配はありません。。。
居たのはカスザメ位です。。。

後はログ用にオオモンカエルアンコウを撮影し段落ちへ戻りました

2本目は際から左へ
これは、普通にガイドしてきました(笑)

まずは、ハチジョウタツへ

フルセゼブラヤドカリを見て砂地出てみました~
コノハガニを見て、カゲロウカクレエビ

一緒に、ラピポントニア・パラガレーネも付いています

本当に別種なの?って感じですね

そして、ハダカハオコゼ

ハナタツも見て段落ちへ~

段落ちでは、移動したアゴハタを発見

良く見ると鰭とか綺麗ですね~

そして、カエルアンコウモドキも登場です!

最後におまけ~
昨日発見したユキンコ疑惑のカイカムリを撮影してきました~

ま~結果違ってたなんて事もありますが、よく似てますよね~
調べても、額に何歯あって、前側縁に何歯あってとかって情報が出てこないんですよね
オガサワラカムリだったら嬉しいのですが(笑)

明日は北東の風が非常に強く吹きそうです
どこか潜れないと困りますね~。。。

これってユキンコボウシガニ(通称)じゃない??

2021年2月25日

ポイント:秋の浜 水温:17℃ 透明度:12m

今日は天気は良いものの、空気が冷たく肌寒い一日になりました
少し北東のかぜでしたが、全く問題なく潜れています

今日も堀口カメラマンと一緒にマイワシの群れを求めて行ってみました
まずは、際を降りてみました
中層を眺めながら、沖に沖に出たのですが全くその影はありません
この辺まで来るとアサヒハナゴイが沢山います

なので撮影してみました~

その後は、中層を気にしながら上がってくると
大きなネコザメを発見

ここまで大きな個体も中々出会えないんじゃいか?ってサイズでした

そして、ハチジョウタツへ
今日も1匹だけすぐに見つかりました~

その後は、オオモンカエルアンコウを見て段落ちへ~

2本目はアサヒの根へ
再び中層を流して根の真上まで
暫く根のトップで待っていたのですが、やはり姿が見られません
するといきなり魚の群れが!

この写真だと分からないのですが、堀口カメラマンの写真を見ると上顎背後角が角ばっていました!
これは、ブリじゃないか~!!
大島でブリは非常に珍しく、ちゃんと認識したのは初めてでした!!
でも、折角来るならマイワシの群れを追い込んで来てくれればいいのに~

クダゴンベを見て戻って行くと、カンナツノザヤウミウシがお食事中でした

諦めきれず、際でも待ってみたのですが・・・
う~ん、どこに居るんだマイワシめ!!

仕方がなく戻ることに
途中、石を捲るとトゲコマチガニが出てきました

最近珍しく無くなってきましたね・・・

そして、これ大発見なんじゃない?って生き物を発見!!
それはこれ~

この角度だとちょっと分かりづらいですかね?
ならこっちで

お分かりでしょうか?
オガサワラカムリ 通称ユキンコボウシガニっぽくないですか?
今、何が出てもおかしくないので全然可能性ありだと思っています
これは、しっかり撮りなおさないと!

段落ちでは、テヅルモヅルエビタテジマキンチャクダイの子供等を見て段を上がりました
段の上では、カンザシウミウシを撮影です

なんか久しぶりですね~

明日は天気が崩れそうです
これは、イワシチャンスかな??